MENU

広島ドラゴンフライズ

HIROSHIMA DRAGONFLIES

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 2/8(金)第21節 試合結果:●広島91-98茨城〇

2/8(金)第21節 試合結果:●広島91-98茨城〇

【2月8日(金)第21節茨城ロボッツ戦ゲームレポート】
2月8日(金)ホーム広島サンプラザホールで行われた茨城ロボッツ戦。
<スコア>
B.LEAGUE 第20節
広島ドラゴンフライズ 91-98 茨城ロボッツ
(1Q:21-16.2Q:18-22.3Q:17-29.4Q:35-31)
会場:広島サンプラザホール
入場者数:1,868人
対戦成績:25勝12敗
おりづる賞:朝山正悟選手
【スターター】
広島:#2朝山正悟、#3岡本飛竜、#4ターレル・ミラー、#14カール・ランドリー、#24田中成也
茨城:#2福澤晃平、#10アンドリュー・ランダル、#12ジャーラ志多斗、#27眞庭城聖、#33カール・バプティスト
<試合レポート>
前節愛媛戦では、攻撃の要である朝山、トレイラーが欠場の中接戦を勝ち取れず連敗。愛媛の外国人選手に大量得点を許してしまい、崩れたディフェンスを立て直す事は出来なかった。まずは自分たちの持ち味であるチームディフェンスを再確認し茨城へ挑みたい。
☆第1Q
広島のスターターは、朝山が復活しこの5人だ。広島はランドリーの得点でスタートし、朝山が連続で3Pを決める。茨城は、ミスマッチをついて#12ジャーラのインサイドや#27眞庭の3P、#33バプティストのセカンドチャンスで得点していく。広島はランドリーの連続得点、ミラーがスティールからファストブレイクを決め21-16。
☆第2Q
このまま離していきたい広島は、山田が積極的なアタックでレイアップを決め、ミラーがジャンパーと3Pを決める。茨城は、#25平尾、#5友利が3Pを決めインサイドでは、#12ジャーラが得点していく。広島はミラー、ランドリーがオフェンスリバウンドからセカンドチャンスを決めるも、39-38。
☆第3Q 
追い上げられている広島は、ミラーのフリースロー、ランドリーのダンクで得点。茨城は、#2福澤が3Pでファウルを誘いフリースローを獲得。3本しっかりと決め、#10ランダルがレイアップ、3Pを成功。さらに#27眞庭も3Pを決め残り5:10、49-54。広島は朝山、ミラーのジャンパーや田中が3Pを決めるも差は広がり56-67。茨城にリードを許し最終Qへ。
☆第4Q
追い上げていきたい広島は、開始からランドリーがジャンパーを決める。朝山が3P、さらにランドリーが連続得点する。茨城は、#27眞庭の3P、広島のターンオーバーから#14高橋も3Pやレイアップを決める。広島は、朝山の3Pとランドリーのセカンドチャンス、ミラーの3Pで残り2:32、78-85。再び朝山が3Pを連続で成功、さらにランドリーもジャンパーを決め3点差まで追い上げるも、残り51秒に#10ランダルにAND1を決められる。このファウルでランドリーが個人ファウル5つ目になり退場。苦しい展開になってしまう。最後まで諦めず岡本がレイアップやミラーが3Pを決めるも茨城リードのまま試合終了。91-98。
前半は広島リードで試合は進むも、後半に逆転を許してしまった。終盤に3点差まで追い上げるもあと一歩が届かず、悔しい敗戦となった。朝山、ランドリー、ミラーで70得点以上をあげたが、ここ3試合では大量失点が続いている。持ち味であった粘り強いディフェンスが見られず、オフェンスへもいいリズムで繋げられていない。チームで再度、共通意識を持ちまずは、ディフェンスから良い流れで試合に入れるようにしていきたい。悔しい連敗が続いているがホームサンプラザでなんとしても連敗をストップするため、ファンの大声援でチームへの後押し宜しくお願いいたします!5!UNITED WE STAND!!
【主なスタッツ】
◎広島ドラゴンフライズ
◆得点     
#2朝山正悟                      27点
#14カール・ランドリー      27点
#4ターレル・ミラー          26点
◆リバウド
#4ターレル・ミラー          13リバウンド
◆アシスト
#4ターレル・ミラー             6アシスト
#2朝山正悟                        5アシスト
#3岡本飛竜                        5アシスト
◎茨城ロボッツ
◆得点   
#10アンドリュー・ランダル   20点    
#12ジャーラ志多斗               18点
#2福澤晃平                            16点
◆アシスト 
#10アンドリュー・ランダル      13アシスト
<ヘッドコーチコメント>
【広島ドラゴンフライズ】
☆尺野将太HC
「とにかくディフェンス。ディフェンスを立て直す。自分たちはディフェンスから流れを作るチーム。ディフェンスをしっかり立て直してB1昇格を目指して残りを戦うには、明日は負けられない。とにかくチーム全員で共通理解を持ってとにかく明日、40分間ディフェンスをパフォーマンスする。そこかなと思う」
☆朝山正悟選手
「立ち上がりと前半はやれていたが、後半我慢しきれなかった。3試合で300点取られた事は今の自分達の現状の実力。全員含めて徹底に尽きる。自分達がそれぞれ役割がありどれだけ全員が覚悟、責任を持ってコートに来ているのか。そこをもう一度見つめ直さなければならない」
【茨城ロボッツ】
☆岩下桂太HC
「試合を通して特に出だしで広島さんのやりたい事をやらせてしまった。その展開から入った試合だったが第2、第3Qと守備がかなり機能したと思う。終盤朝山選手にかなり3Pを決められてしまい、シューターに多くのシュートを打たせてしまったところを修正したい」
 

トップパートナー

ダイヤモンドパートナー