MENU

広島ドラゴンフライズ

HIROSHIMA DRAGONFLIES

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 1/18(金)18節試合結果:〇広島 75-73 信州●

1/18(金)18節試合結果:〇広島 75-73 信州●

報道関係者各位
お世話になっております。
本日(1月18日)の試合結果をお知らせ致します。
【1月18日(金)第18節信州ブレイブウォリアーズ戦ゲームレポート】
1月18日(金)にアウェイことぶきアリーナ千曲(長野県千曲市)で行われました信州ブレイブウォリアーズ戦。
<スコア>
B.LEAGUE 第18節
広島ドラゴンフライズ 75-73 信州ブレイブウォリアーズ
(1Q:23-24.2Q:13-20.3Q:23-16.4Q:16-13)
会場:ことぶきアリーナ千曲
入場者数: 1,013人
対戦成績:24勝8敗
【スターター】
広島:#0ジャマリ・トレイラー、#2朝山正悟、#3岡本飛竜、#12エリック・トンプソン、#24田中成也
信州:#5武井弘明、#11石川海斗、#12栗原ルイス、#50ウェイン・マーシャル、#55アンソニー・マクヘンリー
<試合レポート>
1月唯一のホームゲーム、バンビシャス奈良戦では序盤に流れを掴むも後半に追いつかれ苦しい展開になるも、新加入のミラーが3Pを連続に決めるなど29得点で勝利へ貢献。さらに、トレイラーも安定した活躍を見せた。今節は、中地区1位の信州ブレイブウォリアーズとの対戦。ここで強敵信州から勝ち星をあげ、さらに勢いをつけていきたい。
☆第1Q
広島のスターターは、今日はトンプソンが入りこの5人だ。広島は朝山の3Pでスタートするも、ターンオーバーが続き3-12のリードを許す。信州は、マクヘンリーの3P、#11石川のレイアップで得点。さらに#12栗原のジャンパーも決まる。広島はトレイラーの連続得点、朝山の3Pで立て直し、23-24。
☆第2Q 
逆転したい広島だったが、開始から信州に猛攻を仕掛けられる。連続で3Pを決められ、スティールからAND1と信州の流れへ。広島はトンプソンがゴール下で得点、岡本のレイアップやトレイラーのジャンパーで追い上げる。信州はインサイドの#50マーシャルを中心に攻撃し36-44。8点ビハインドで後半へ。
☆第3Q
追い上げたい広島は、朝山がレイアップを決め岡本のアシストからトンプソンがゴール下で得点。さらに田中の3P、トレイラーのセカンドチャンスや朝山のレイアップで残り5:19、49-49。同点に追いつく。信州は、なかなかシュートが入らない時間帯になるも#55マクヘンリーのスティールから、#19大崎がジャンパーを決める。さらに#19大崎、#55マクヘンリーが3Pを決め試合はクロスゲームへ。広島は朝山がスティールからレイアップ、トンプソンのインサイドや田中のジャンパーを決め、59-60。
☆第4Q
広島は、トンプソンがゴール下で得点するもシュートが入らず流れの悪い展開へ。信州は、#31三ツ井がジャンパー、#19大崎と#50マーシャルがフリースローを確実に決め得点。さらに#55マクヘンリーがセカンドチャンスを決め残り6:25、68-62。広島は、朝山がジャンパーやセカンドチャンスを決めも残り4:18、広島のチームファウルが5つになる。#11石川にボーナススローとレイアップで追加点を許してしまう。すぐに田中が3Pを成功、さらに朝山も3Pを決め残り1:08、72-71。ついに追いつくも#11石川に再びボーナススローを与えてしまい、再び逆転される。両チームともリングを狙うもシュートが入らない中、残り9.9秒で朝山がジャンパーを決め再び広島リードに変わる。このリードを守りきり試合終了。75-73。
中地区、そしてB2で全体1位の信州との対戦は今後へと繋がる重要な試合だ。まずはGAME1で勝利を掴めた事は大きい。第2Qで離されるもしっかりと粘り強くディフェンスし我慢強くできた。オフェンス面では、朝山が31得点と高確率でシュートを決め、特に第4Q終盤で見せた勝負強さは対戦相手にとって大きな脅威になるだろう。さらにトレイラーも16得点23リバウンド、さらにアシスト5と攻守に渡りチームを牽引し逆転勝利へ導いた。明日は今日以上にタフな試合となる。しっかりとやるべきことを40分間持続させ、ディフェンスでもよりハードに動き、信州の得点も抑えていくことも重要だ。強敵信州から連勝を掴み広島へと帰りたい。5!UNITED WE STAND!!
【主なスタッツ】
◎広島ドラゴンフライズ
◆得点 
#2朝山正悟                     31点   
#0ジャマリ・トレイラー    16点    
#12エリック・トンプソン  16点     
◆リバウンド
#0ジャマリ・トレイラー    23リバウンド
#12エリック・トンプソン    8リバウンド
◆アシスト
#3岡本飛竜                       6アシスト
◎信州ブレイブウォリアーズ
◆得点   
#19大崎裕太                        19点
#50ウェイン・マーシャル      14点               
#12栗原ルイス                     13点
#55アンソニー・マクヘンリー  12点
◆リバウンド
#50ウェイン・マーシャル       11リバウンド
#55アンソニー・マクヘンリー 10リバウンド
<ヘッドコーチコメント>
【広島ドラゴンフライズ】
☆尺野将太HC
「選手達が勝つ事と自分達のやるべきディフェンスに40分間集中し、同じ方向に向かってハッスルしてくれた。今日は選手達の勝ちたい気持ちと、選手の力で勝ち取った勝利。この勝利に満足せず明日も勝ちきれるように今日の修正すべき点と相手にアジャストするところをもう一度考えたい」
【信州ブレイブウォリアーズ】
☆マイケル勝久HC
「とても悔しい敗戦。いつもチームで徹底している事、一つ一つのやるべき事を40分間出来なかった。今日の勝つべき試合を落としこういう非常に悔しい結果になる。明日もタフな試合になるが今日よりも成長した姿を見せたい」

トップパートナー

ダイヤモンドパートナー