MENU

広島ドラゴンフライズ

HIROSHIMA DRAGONFLIES

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 12/31(日)第15節 試合結果:〇広島84-82青森●

12/31(日)第15節 試合結果:〇広島84-82青森●

【12月31日(月)B2第15節青森ワッツ戦ゲームレポート】
12月31日(月)にホーム広島サンプラザホールで行われました青森ワッツ戦。
<スコア>
B.LEAGUE 第15節
広島ドラゴンフライズ 84-82 青森ワッツ
(1Q:17-22.2Q:23-29.3Q:17-23.4Q27-8)
会場:広島サンプラザホール
入場者数:2,496人
対戦成績:20勝8敗
マンオブザマッチ:#0ジャマリ・トレイラー選手
【スターター】
広島:#0ジャマリ・トレイラー、#2朝山正悟、#3岡本飛竜、#12エリック・トンプソン、#24田中成也 
青森:#2カレン・ルッソ、#8佐野太一、#18菅俊男、#22門馬圭二郎、#27ユリアス・ユツィカス
<試合レポート>GAME1では、序盤でディフェンスから掴んだ流れを離さずリードしたまま勝利。ディフェンスリバウンドを確実に取りオフェンスへと繋げた。トレイラー、朝山は変わらずの活躍。一人一人が積極的にゴールへ攻める事が出来た。今日は年内最後のホームゲーム、ここで連勝を掴み後半戦へも勢いをつけたい。
☆第1Q
広島のスターターは今日もこの5人だ。序盤から、0-7のランをつけられるも、トレイラーが連続得点。さらに田中が3PでAND1を獲得するも、トンプソンが残り3:36で個人ファウルが3つとファウルトラブルになり苦しい展開に。青森は、スティールから#27ユツィカスがジャンパーで得点、さらに#2ルッソが3Pと勢いにのる。広島は流れが悪く、青森のターンオーバーも得点へ繋げられない。その中でトレイラー、坂井がレイアップで得点するも、17-22。
☆第2Q
逆転したい広島は、坂井のジャンパー、トレイラーのインサイド、山田がレイアップで得点を重ねる。青森は、オフェンスリバウンドからセカンドチャンスで得点。さらに#8佐野が3Pを連続で決めリードを広げる。広島は田中が3P、トレイラーがオフェンスリバウンドからセカンドチャンスで得点。さらに小澤がゴール下を決めるも、40-51。11点リードされ後半へ。
☆第3Q 
点差を詰めていきたい広島だったがターンオーバーが目立つ立ち上がりに。その中でも、トレイラーがセカンドチャンス、さらにトンプソンもジャンパーで得点する。残り6:10、45-57。青森は、#18菅がレイアップ、#80ビリシベがジャンパーで得点。さらに、#2ルッソがファストブレイクでダンクを決め、残り2:28、52-68。広島は岡本、トレイラーがジャンパーで得点するもなかなか点差が詰められず、57-74。青森リードのまま最終Qへ。
☆第4Q
開始から広島は、トレイラーのジャンパーでスタート。さらに田中が3Pでファウルを獲得し、確実に決める。再び、トレイラーがジャンパーを決め残り7:45、64-74。青森は、#22門馬が個人ファウルが4つになりファウルトラブルに。積極的にリング狙うもなかなかシュートが入らず苦しい展開に。広島は、田中が3Pを決めるも残り6:52、トンプソンがファウルアウトになる。その中で、小澤のアシストから坂井が得点。さらに小澤が積極的に攻めフリースローを獲得。オフェンスリバウンドを繋ぎ、田中がジャンパーを決める。残り5:04、72-74。2点差に追い上げる。青森は、#2ルッソの連続でジャンパー決めクロスゲームの展開に。広島は小澤、坂井がジャンパーを決め、さらに岡本が積極的にアタックしレイアップで逆転�。残り1:17、81-80。青森は#27ユツィカスが広島のチームファウルが5つになりボーナススローを獲得。だが、広島ファンのブーイングの中決められない。試合は終了間際までもつれ、ブザーと同時に坂井がフリースローを獲得。このフリースローを確実に決め試合終了。84-82。
GAME1での修正点を確実に活かした青森ペースで試合は進み、終始リードされる展開に。タフショットを打たされ、リバウンドから青森の速い展開に持ち込まれた。広島はファウルトラブルもあり、なかなかGAME1のようなハードなディフェンスが出せず苦しい展開に。その中で第4Qで粘り強いディフェンスから流れを掴み青森の得点を8点に抑える事が出来た。坂本の怪我、トンプソンのファウルトラブルの中で、代わって出場した坂井が活躍。オフェンスでは積極的にリバウンドへ飛び込み、得点にも絡んだ。勝利を決定づけたフリースローも確実に決めた。チームとしては第4Qに見せたディフェンスを40分間通して持続をしていき、得点も60点台に抑えていきたい。苦しい展開から追い上げる時間帯での、ファンからの大声援は大きな力になった。年内最後のホームゲームで連勝を掴み最高の締めくくりが出来た。この勢いのまま、後半戦、さらにB2優勝へ繋いでいきたい。来年もチーム、ファン一丸となり戦っていきましょう!5!UNITED WE STAND!!
【主なスタッツ】
◎広島ドラゴンフライズ
◆得点
#0ジャマリ・トレイラー   27点
#24田中成也                     19点
#10坂井レオ                     13点
◆リバウンド
#0ジャマリ・トレイラー  16リバウンド
◆アシスト
#0ジャマリ・トレイラー    5アシスト
◎青森ワッツ
◆得点
#2カレン・ルッソ           39点
#27ユリアス・ユツィカス 14点
#8佐野太一                    13点
◆リバウンド
#2カレン・ルッソ   17リバウンド
<ヘッドコーチコメント>
【広島ドラゴンフライズ】
☆尺野将太HC
「苦しいゲームだったが、オフェンス面ではそれぞれが持ち味を発揮しながらスコアに絡んだ。ディフェンスは守り方より�気持ちの部分が強いと思う。そこを前面に出してくれたのは選手の力とファンの声援の後押し。今日は勝ちたい気持ちを会場全体で作りその結果勝ち取った勝利だと思う」
☆坂井レオ選手
「最後のフリースローは、これを外したら負けるという考えはなかった。自分が出たらコートを走り回り得点やオフェンスリバウンド、そして相手が外国人なのでどう負けずに戦うか考えていた。ファンの大声援で気持ちが乗って行った。最後のフリースローもホームの力だと思う」
【青森ワッツ】
☆北谷稔行AHC
 「若さが出た試合だった。広島のブースターさんたちの声援を止めることが出来なかったことが敗因。少人数の中でも青森ブースターが選手たちを鼓舞してくれた。この負けを次に繋げ戦っていきたい」

トップパートナー

ダイヤモンドパートナー