MENU

広島ドラゴンフライズ

HIROSHIMA DRAGONFLIES

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 10/7(日)第2節 試合結果:〇広島86-59奈良●

10/7(日)第2節 試合結果:〇広島86-59奈良●

【10月7日(日)B2第2節 GAME2 バンビシャス奈良戦ゲームレポート】
10月7日(日)に広島サンプラザホールで行われましたバンビシャス奈良戦。
<スコア>
B.LEAGUE 第2節
広島ドラゴンフライズ86-59バンビシャス奈良
(1Q:26-12,2Q:12-7,3Q:26⁻21,4Q:22-19)
会場:広島サンプラザホール
入場者数:3,062人
シーズン成績:4勝0敗

【スターター】
広島:#0ジャマリ・トレイラー、#2朝山正悟、#3岡本飛竜、#12エリック・トンプソン、#24田中成也
奈良:#2ゲイリー・ハミルトン、#4ジェフリー・パーマー、#13小松秀平、#23横江豊、#24本多純平

<試合レポート>
昨日のGAME1では、接戦になり苦しい展開の中で粘り強くディフェンスからリズムを掴み勝利した。だが#2ハミルトン、#4パーマーが得点を量産。#24本多も果敢にゴールへアタックをしてくる。抑えるべきところをチームディフェンスで足を動かし、しっかりと抑えていきたい。GAME2では、広島のバスケットを出し切り序盤からリードをしていきたい。

☆第1Q
GAME2でも、広島のスターターはこの5人だ。開始直後、広島は猛攻を仕掛ける。岡本のジャンパー、田中のアタックでフリースローを獲得。ディフェンスでも奈良の24秒オーバータイムを誘い、序盤から広島のペースで進む。奈良は#24本多が攻撃の中心となり、積極的にゴールを狙うも朝山の連続得点や、田中の3Pも決まり点差を広げていく。 終了間際、村上のアシストに坂本がゴール下を決め、26-12。

☆第2Q
開始直後から村上、トレイラー、坂本が得点し、リードを広げる。奈良は#23横江のレイアップや#4パーマーのジャンパーで得点を重ねていく。流れは広島だが、得点に繋げられない時間帯が続く。その中、岡本のスティールからトンプソンがファストブレイク、小澤も3Pを決める。#26松本に3Pを許すも、38-19。19点リードで後半へ。

☆第3Q
このままリードを広げたい広島はトレイラーのAND1、朝山のジャンパーで得点。岡本も積極的にゴールへアタック、フリースローを決め残り7:28、45-21。反撃をしたい奈良は、#4パーマー、#24本多が中心となりゴールへアタックをする。#24本多のレイアップが決まり残り4:53、54-30。広島は朝山がジャンパー、3Pを決め連続得点しリードを広げていく。64-40。大量リードのまま、最終クォーターへ。

☆第4Q
最後まで緩めずに戦いきりたい広島は佐藤のジャンパー、坂本がフリースローで得点。奈良に#13小松のジャンパー#24本多の3Pと連続得点を許すもすぐに岡本のアシストから、坂本がゴール下、山田が3Pを決める。攻撃の手を緩めず残り4:52、75-50。岡本の24秒ギリギリのバンクショットや、山田のレイアップ、坂本もジャンパーを決める。#3前村に3Pを許すも、坂井がセカンドチャンス、佐藤がゴール下を決め大量リードのまま試合終了。86-59。
GAME2も勝利を掴み、4連勝となった。立ち上がりで、ディフェンスから流れを掴み終始広島のリードで試合を終えることが出来た。トレイラーは15得点、13リバウンド、朝山は16得点とGAME1に続き安定した活躍を見せた。坂本も12得点と勝利に貢献し、プレイタイムも23分と伸ばしてきた。オンザコートのルールもあり、今後も坂本の活躍はB1昇格への鍵となるだろう。岡本はアシスト数が両チームトップの12本。果敢にゴールを狙い自らも得点でき、アシストも量産できる。苦しい時間帯の中で、流れを変える岡本の存在は大きいだろう。GAME1での課題だった#2ハミルトン、#4パーマーの得点を抑え、試合を通しても59失点と最少失点で抑えることが出来た。一度もリードを許さず、ロスター全員が得点し勝利を掴んだ。この勝利は今後の試合に向け、良いモチベーションとなるだろう。だが、まだシーズンは始まったばかり。来週は強敵香川ファイブアローズとの試合になる。香川も外国籍選手を中心に得点をしてくるチームだ。ハードなディフェンスから勝機を掴み、40分間を通して広島のバスケをしていきたい。広島ファンの皆さん、共に闘い連勝を伸ばしていきましょう!!5!UNITED WE STAND!!

【主なスタッツ】
◎広島ドラゴンフライズ
◆得点
#2朝山正悟         16点
#0ジャマリ・トレイラー   15点
#坂本ジェイ         12点

◆リバウンド
#0ジャマリ・トレイラー    13リバウンド

◆アシスト
#3岡本飛竜         12アシスト


◎バンビシャス奈良
◆得点
#24本多純平         17得点
#4ジェフリー・パーマー    13得点

◆リバウンド
#2ゲイリー・ハミルトン    10リバウンド

<ヘッドコーチコメント>
【広島ドラゴンフライズ】
☆尺野将太HC
「昨日の修正を上手く出来た。コートに出ている全員が40分間、相手の良いところを出させずに自分達の良いプレーを出せた。連戦の2日目を戦える事がB2優勝に向けて大事になってくる。この第2節の80分間で誰1人悪いコンディションにならず戦えた。これを長いシーズン続けていきたい。」


☆朝山正悟選手
「結果を見ればこれ以上ないスタートが切れている。この連勝はチームに勢いと全員のモチベーションに繋がると思う。シーズンを通してより良いチームにしていきたい。良いスタートが切れたが自分達の現状はまだやれるのでここで満足をせずに、1戦1戦を集中して臨みたい。」

☆岡本飛竜選手
「毎試合落とせない試合で勝つ事は勿論だが、徐々にチームの連携が取れている事に手応えを感じている。個人としては修正する部分は多いが、よりレベルアップし期待を越えられるプレーがしたい。目標を高く持ち、この結果に満足せずにチームとしての結束を高めたい。」


【バンビシャス奈良】
☆石橋晴行HC
「出だしで積極的にアタックをされて、奈良の外国籍選手がファウルになった時に全員でフォローが出来なかった。出だしが全てだと思う。」

トップパートナー

ダイヤモンドパートナー