MENU

広島ドラゴンフライズ

HIROSHIMA DRAGONFLIES

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 2/5試合結果 広島81-79信州

2/5試合結果 広島81-79信州

【2月5日(日)信州ブレイブウォリアーズ戦ゲームレポート】

2月5日(日)にホワイトリング(長野県長野市)で行われました信州ブレイブウォリアーズ戦。

<スコア>

B.LEAGUE B2 第17節

広島ドラゴンフライズ81-79信州ブレイブウォリアーズ

(1Q:22-18,2Q:7-21,3Q:19-14,4Q:21-16,EX1:12-10)

今シーズン成績:28勝6敗

会場:ホワイトリング

入場者数:3934人

【スターター】

広島:#2朝山正悟、#5山田大治、#18鵤誠司、#21コナー・ラマート、#24田中成也

信州:#1和田保彦、#9ジェロエン・バンダーリスト、#11齊藤洋介、#24鈴木 大、#26上杉 翔

<試合レポート>

☆第1Q

昨日と同じスターターで両チームの熱戦がスタートする。広島はラマート、山田、エンダイを中心にゲームを組み立てていく。オフェンスリバウンドで攻撃をつなぎ、リズムを生み出す。信州も引き離されないよう、食らいつき互角の立ち上がり。22-18。

☆第2Q

勝利へギアを上げて守る信州に対して、広島はミスからリズムを完全に失う。ゾーンでインサイドを守る信州に対し、広島はアウトサイドからシュートを狙うも、リングに嫌われ、4分間スコアを上げられない。逆転を許した広島はフラストレーションがたまっているところで、連続でオフェンスファウルも取られ悪循環に陥る。その隙に信州は#9バンダーリストが3Pを決め、リードを広げる。10点のビハインドで後半へ。29-39

☆第3Q

ビハインドを縮めたい広島は山田のスティールからのファストブレイク。しかし信州#1和田の3Pで出鼻をくじかれる。ホームの大声援をうける信州は簡単には崩れない。お互いに点を取り合い、点差は8点前後から詰まらない。第3Q終了間際に北川のアシストから朝山が3Pを決めて5点差で最終Qへ。48-53。

☆第4Q

信州ブースターが勝利へ向け、声援がさらに大きくなる。広島はとにかく1本ずつ決めていきたいところ。全員で集中したディフェンスで信州のオフェンスを抑え、スティールから鵤の得点をつないで、残り4:48でいよいよ2点差まで迫る。しかしここからも簡単には逆転までいかない今日のゲーム。エンダイが2本のフリースローを外すと、#9バンダーリストの3Pにフリースローで残り2:31で9点ビハインド。後が無くなった広島は北川がコートに入り、背水の陣で攻撃をしかける。

ココぞで頼りになる朝山の3Pで6点差。続いてオフェンスリバウンドで粘りマイボールにすると信州のテクニカルファウルを誘い、このフリースローも朝山がきっちり沈め、5点差。マイボールで始まった攻撃を北川が会心のレイアップでバスケットカウントを得て3点プレイ。2点差。続く信州の攻撃を3秒バイオレーションに追い込み、このチャンスをまたもや北川が自ら持ち込み技アリのフローターで同点。残り22.2秒でゲームをふりだしに戻した。このままゲームは延長へ。69-69。

☆オーバータイム1(EX1)

土壇場で延長に持ち込んだ広島が勢いのままラマートの3P、エンダイのスティールからの得点でリードしていく。それでも4000人近いファンの前で勝利を見せたい信州の執念がゲームを簡単には終わらせない。広島のターンオーバーを誘発して、追い上げる。残り51秒で点差はわずか1点。緊迫した最後の場面でフリースローを打つエンダイが気迫で1本沈めて、81-79で広島が勝利を手にした。

今シーズン初のオーバータイムにもつれた激戦を制し、薄氷を踏む勝利ながらも9連勝。今シーズンの連勝記録を9に伸ばした。連日の逆転勝利にチームの精神的な強さが出てきた。その中心はキャプテンの朝山であったが、チーム全体で最後まで諦めること無く、勝利への執念を燃やした姿は前半戦から確実に成長している。第4Qの途中から出場し、値千金の同点シュートを決めた北川はオーバータイムでも存在感を発揮した。エンダイ、ラマートはそろってダブルダブルの活躍で攻守で勝利に大きく貢献した。それでもチームとしてシュート、フリースローの確率の悪さは早急に改善が必要だ。次節の西宮ストークスも強敵だが、ホームで負けるわけにはいかない。

西地区では島根と広島が同率で首位で並び、熊本もぴったりとつける。まずは一戦一戦、目の前のゲームに集中して良いゲームで勝っていきたい。

次節は広島でも4000人のファンでアリーナを朱色に染めて、連勝街道を爆進しましょう!! UNITED WE STAND!!

 

【主なスタッツ】

広島ドラゴンフライズ

◆得点

#2朝山正悟      23点

#0アジーズ・エンダイ   18点

#21コナー・ラマート  16点

◆リバウンド

#0アジーズ・エンダイ   15リバウンド

#21コナー・ラマート   12リバウンド

◆アシスト

#18鵤誠司     5アシスト

信州ブレイブウォリアーズ

◆得点

#9ジェロエン・バンダーリスト   27点

#22チャド・ポスチュマス       18点

◆リバウンド

#9ジェロエン・バンダーリスト   16リバウンド

#22チャド・ポスチュマス        8リバウンド

<ヘッドコーチコメント>

【広島ドラゴンフライズ】

☆佐古賢一HC

「昨日やられた部分を修正しきれないゲームになった。信州の両外国籍選手の2ビッグの時間帯に少し走られたり、ペイント内で押し込まれたりと、イージーに得点を与えてしまった。また3Pも効果的に決められ、苦しい展開となった。それでも選手が最後まであきらめずに戦った結果、延長戦に持ち込み勝つことができた。この2戦で我々のウィークポイントが露わになり、ストロングポイントを消されたときのセカンドオプションをもう少し練習の中でやる必要性を感じた。我々のゲームの組み立てが上手くいかない苦しい中で、この2連勝でステップアップする機会を得る形となり良い経験となった。」

【信州ブレイブウォリアーズ】

☆小野寺龍太郎HC

「」

トップパートナー

ダイヤモンドパートナー