MENU

HIROSHIMA DRAGONFLIES

MENU

NEWS

HOME>ニュース>11/13(月)試合結果 広島90-73愛媛

11/13(月)試合結果 広島90-73愛媛

【11月13日(月)B2第8節GAME1 愛媛オレンジバイキングス戦ゲームレポート】
11月13日(月)に広島サンプラザホール(広島市西区)で行われました愛媛オレンジバイキングス戦。
<スコア>
B.LEAGUE 2017-18 B2
広島ドラゴンフライズ90-73愛媛オレンジバイキングス
(1Q:30-15,2Q:7-20,3Q:22-20,4Q:31-18)
会場:広島サンプラザホール
入場者数:1549人
マンオブザマッチ:#13クリント・チャップマン
【スターター】
広島:#2朝山正悟、#5山田大治、#11北川弘、#13クリント・チャップマン、#24田中成也
愛媛:#0楯 昌宗、#13俊野佳彦、#16笠原太志、#31岡本将大、#42コナー・クリフォード
<試合レポート>
☆第1Q
仙台で連敗を喫し勝率5割を切り、正念場を迎えた広島。この同地区対決は絶対に負けるわけにはいかない。スターターにはチャップマンが戻り、万全の陣容。ゲームは序盤から広島が積極的に速いテンポで愛媛に猛攻をしかける。ディフェンスリバウンド、スティールからの速攻で得点を重ねる。特に光ったのが山田。ミスマッチを活かして押し込み、リバウンド、AND1を取りチームを波に乗せる。北川も緩急をつけたゲームコントロールで、しっかりとチームディフェンスも機能してターンオーバーも誘って主導権を握る。30-15と最高の立ち上がり。
☆第2Q
ゲームは一転して愛媛ペース。広島は外からのショットがことごとくリングに嫌われ、リバウンドから愛媛がリズムをつかむ。広島もタフショットばかりではないものの、決めきれない。チャップマンがオフェンスリバウンドにも積極的に絡むもセカンドチャンスも決められない。その隙に愛媛がフリースローを繋いで追い上げる。なんとか1本返して悪い流れを切りたいところだったが、有効打を出ずに愛媛#13俊野のファストブレイク、#28ウィリアムズの得点で13連続ポイントとなり同点に追いつかれてしまう。終了間際に山田の得点でなんとか37-35で折り返すも、後半に不安を残した。
☆第3Q
クロスゲームとなった後半。朝山がジャンパーを決め、チャップマンがセカンドチャンスをタップショットで決めるも、愛媛#13俊野の3PがAND1となって4点プレイ、#0楯のスティールからタフショットで食い下がると、愛媛#11タプスコットの得点で同点、さらに3Pも決めて、ついに逆転を許してしまう。しかしこのまま愛媛に流れを与えない粘りが広島にあった。チャップマンに代わってコートに入ったホワイトが圧巻の集中力で得点する。オフェンスリバウンドからのセカンドチャンスをものにすると、3Pで逆転する。頼もしいシックスマンがゲームの流れを変えた。59-55。
☆第4Q
お互いに抜け出せない緊迫したゲームはわずかに広島がリードしながら進む。ディフェンスで奮闘する仲摩が奪ったオフェンスリバウンドをチャップマンが3Pを決める。今度は逆にホワイトのディフェンスから仲摩がファストブレイクポイント。68-64で愛媛がタイムアウト。ここが最大の勝負所だった。タイムアウト明けこそ愛媛#28ウィリアムズが得点するも、すぐにホワイトとチャップマンが息のあったパスで連続ポイント。大事な場面で役者が勝負強さを発揮した。続いて、ドリスドムの3P、北川の3Pが決まり80-70と10点差。さらに愛媛ベンチにテクニカルファウルが宣告され、流れは完全に広島に。朝山の3Pも決まって勝負あり。90-73で広島が快勝した。

大事な大事な同地区対決GAME1を良い内容で勝利を挙げることができた。1Qの怒涛のオフェンスもさることながら、流れを作ったディフェンス、そしてリバウンドでチームが一つになって戦うことができた。田中、仲摩らガード陣は休まず足を動かしディフェンス、さらにリバウンドに絡み、フォワードはタフにインサイドで身体を張った。ファストブレイクが多く出たことも勢いを与えた。3Pが決まらず苦しいゲームではあったものの、インサイドで効率よく得点することができた。ダブルダブルの活躍を見せたチャップマンの存在の大きさを実感する。怪我の影響でコンディションの上がらない山田も大事な場面で奮戦した。チームとして機能して積み上げた90得点といえる快勝だ。

この勝利を明日につなげる必要があり、明日も必ずや勝利しなければならない。今日の勝利で勝率5割に復帰したが、B1昇格にはこれをきっかけに勢いに乗りたい。平日のナイターゲームに1500人を超えるファンが集まり、会場は熱気に包まれた。この多くのファンの期待に応えるために、明日もさらに大きなエナジーを持って挑みたい。BE ONE!UNITED WE STAND!

【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点

#13クリント・チャップマン  28点

#14ウェンデル・ホワイト   14点

#11北川弘          11点

#5山田大治          10点

◆リバウンド

#13クリント・チャップマン 19リバウンド

#14ウェンデル・ホワイト  7リバウンド

#3テレンス・ドリスドム   6リバウンド

#5山田大治         5リバウンド

#24田中成也         5リバウンド

◆アシスト

#14ウェンデル・ホワイト 8アシスト
 
愛媛オレンジバイキングス
◆得点

#11チェハーレス・タプスコット 21点

#28ニカ・ウィリアムズ      21点

#13俊野佳彦          12点  

◆リバウンド

#11チェハーレス・タプスコット 14リバウンド

#16笠原太志          9リバウンド

#28ニカ・ウィリアムズ     9リバウンド

#13俊野佳彦            5リバウンド

◆アシスト

#16笠原太志      7アシスト

#31岡本将大      5アシスト

<ヘッドコーチ・選手コメント>
【広島ドラゴンフライズ】
☆ジェイミー・アンドリセビッチHC
「ゲームの入りでしっかりエナジーを出して自分たちのバスケットをすることができ、リードを奪うことができた。シーソーゲームの中で4Qの勝負所でやるべきことをしっかり実行して引き離し勝利できた。2Qも決して悪いショットばかりではなかったので、打つべきショットを打つことを伝えて、後半得点を伸ばしていくことができたと思う。」

☆#11北川弘

「仙台戦はチャップマンがいない中で連敗をしたが、ポイントポイントで自分たちのやりたいバスケットも出せていたし、すべてが悪かったわけじゃない。今日はその出来たことをもっと長い時間継続できるように、今日のベストを尽くせるようにコートに入った。ゲームの入りは意識をしていたが、2Qで追い上げられて、後半はしっかり自分なりにゲームをコントロールしようと思った。今日は自分で流れを把握して、判断ができたのが良かった。リバウンドも含めて、今日はチーム全員で守って、攻めて勝ち取った一勝。勝った中でしっかり反省をして、今日のバスケットを明日も継続できるように、良いバスケットを継続することでステップアップしていきたい。」

☆#13クリント・チャップマン

「自分が仙台に行けなかったことでチームに迷惑をかけ申し訳ない気持ちだった。仙台戦は厳しい結果となったが、自分を再びチームは前と変わらず迎え入れてくれて、今日もいつもと変わらずゲームに入れた。今日はしっかりとディフェンスをやりきることが出来がことが勝因だと思う。今季で1番良いオフェンスもできたと思うし、愛媛という強敵をロースコアに抑えられたことが評価できると思う。まずは明日に集中して、白星を必ずつかみたい。」

【愛媛オレンジバイキングス】
☆リチャード・グレスマンHC
「今日は1Qと4Qで特にディフェンスが悪かった。自分たちのやるべきディフェンスをやりきることができなかった。今季で最も悪いゲームだったと思う。4Q残り5分までは4点差だったことを考えると、負けた点差よりもチームディフェンスがしっかりできなかったこと、特に勝負所で崩れてしまったことが残念だ。今日やらなければならなかったことを改善して、明日の再戦に臨みたい。」