MENU

HIROSHIMA DRAGONFLIES

MENU

NEWS

HOME>ニュース>5/13 プレーオフ準決勝1 試合結果 広島55-60島根

5/13 プレーオフ準決勝1 試合結果 広島55-60島根

【5月13日(土)B2プレーオフ準決勝 島根スサノオマジック戦ゲームレポート】

5月13日(土)に松江市総合体育館(島根県松江市)で行われました島根スサノオマジック戦。

<スコア>

B.LEAGUE B2 PLAYOFFS 2016-17 SEMIFINALS  GAME1

広島ドラゴンフライズ55-60島根スサノオマジック

(1Q:16-19,2Q:12-12,3Q:16-11,4Q:11-18)

会場:松江市総合体育館

入場者数:2873人

【スターター】

広島:#2朝山正悟、#5山田大治、#18鵤誠司、#21コナー・ラマート、#24田中成也

島根:#3呉屋貴教、#5山本エドワード、#12寒竹隼人、#31高畠佳介、#50ウェイン・マーシャル

<試合レポート>

☆第1Q

ついに始まったB2プレーオフ。B1昇格をかけて最後の戦いが始まった。広島はレギュラーシーズンと同じスターターで、対する島根はスターターに怪我から復帰したキャプテンの#12寒竹を起用。互いに3Pがシューターを揃え、アウトサイドからの得点でポイントを重ねていく。広島は朝山、北川、島根は寒竹、安部が3Pを決める。意地のぶつかる立ち上がりはお互いに緊張感があり重い。島根はターンオーバーを出すも強みのディフェンス力で広島を抑える。16-19。

☆第2Q

アウェイで戦う広島は早めに主導権を握りたいところ。朝山がいきなり3Pを決め、さらにディフェンスも誘い4点プレイで流れに乗せる。さらに島根#00デービスがファウルをしたところで島根が早めのタイムアウト。主導権争いが激化していく。広島は北川のスティールからの速攻などディフェンスで島根を自由にしない。それでも島根も#00デービス、#42リードら外国籍選手がインサイドで存在感を発揮し、広島のアタックをシャットアウト。リバウンドでも広島を圧倒、シュートまでいかせない。なんとかディロンの個人技、朝山のミドルで得点して後半へ。28-31。

☆第3Q

後半の立ち上がりは第1Qと同様に重い展開。これを打破する3Pと互いに同じ形で得点する。田中、ラマートの3Pで逆転。さらに北川、田中が3Pを決めるが、島根も3Pをお返ししてなかなか点差は広がらない。ルーズボールへも執着して泥臭く戦うがこの日、最後まで得点できなかったエンダイのとこがブレーキとなった。タフショット、強引なシュートが目立ち島根のプランどおりの展開。終了間際にはエンダイのブロックショットもでてリードして最終Qに臨む。44-42。

☆第4Q

ここで爆発したのはホームの大声援をうける島根#32安部だった。#1岡本のアシストから3Pを決めると、立て続けにディフェンスリバウンドからファストブレイク。さらにもう1本3Pを決めて一気に逆転、流れを島根に持ってくる。佐古HCは島根#00デービスにも得点されたところで流れを切るためにタイムアウト。しかしこのタイムアウトでもなかなか得点できない。逆にターンオーバーから島根#1岡本に走られ2回目のタイムアウト。これで落ち着きを取り戻し、頼れる朝山が3P、ミドルを決めて島根に迫る。ここからもう1本決めて追いつきたかったが追い上げも55点まで。プレーオフ初戦は悔しい敗戦となった。55-60。

ディフェンスが引き締まったプレーオフらしい好ゲームとなった。しかし広島はリバウンドで勝てず、島根の激しいディフェンスにあいインサイドで得点できなかった。広島もディフェンスで粘ることができ、接戦に持ち込めたことは明日につながる成果だが、エンダイ、ラマートの攻守に渡る一層の活躍が期待される。田中、北川、朝山らシューター陣はここでにきて好調だ。ここにさらに鵤が乗ってくることができれば勝てるチャンスは増える。B2を最小失点で乗り切り最高勝率を出した島根を倒すには、ディフェンスで我慢することはもちろんだが、誰かが勝負を決めるラッキーボーイにならなければいけない。悔いの残らない全てを出し尽くす熱い戦いを見せたい。明日は気持ちで2試合目を勝って、3試合目を勢いでモノにするしかない。明日なんとしてもB1昇格を決める!

今シーズンでもっとも激しく戦い、どんな形でも勝利をつかみましょう!!島根に勝つにはさらに大きな声援、パワーが必要です。明日はテレビ新広島でテレビ中継もありますので、広島からも熱い応援をよろしくお願いします!

さぁ、勝負のプレーオフ2日目!最大の挑戦をかけて、いざUNITED WE STAND!!

【主なスタッツ】

広島ドラゴンフライズ

◆得点

#2朝山正悟     14点

#11北川弘      11点 

◆リバウンド

#12ダニエル・ディロン  7リバウンド

#21コナー・ラマート    7リバウンド 

#0アジーズ・エンダイ    5リバウンド

 

島根スサノオマジック

◆得点

#00ジョシュ・デービス  12点

#32安部潤        11点

◆リバウンド

#00ジョシュ・デービス  20リバウンド

#50ウェイン・マーシャル 10リバウンド

 

<ヘッドコーチ、選手コメント>

【広島ドラゴンフライズ】

☆佐古賢一HC

「今日は全体として思惑通りの展開となり、お互いにディフェンス主体の重いゲームとなった。我々としてはあと1本が出なかった。いいゲームができていただけに第4Q立ち上がりの入りが残念だが、#32安部選手の固め打ちを褒めるところだと思う。我々にも明日はラッキーボーイが出てきて欲しい。特にアジーズ、コナーには奮起してもらいたい。明日は人生初のエキストラゲーム(3試合目)になんとか持ち込めるように頑張りたいし、選手にも最後まで楽しんでもらいたい。今日は一つの敗戦として認めて、しっかり準備をして、また明日良いゲームをしたい。」

☆#2朝山正悟

「今日は大事な初戦でなんとしても取りたかったので、こういう形で負けたのが素直に悔しい。自分たちのやりたかったこと、全員でファイトできたことは明日につながると思う。落胆することなく、今日できた部分を明日につなげたい。久々のプレーオフでこういう雰囲気でバスケットができたのは幸せで、楽しみにながら明日は戦いたい。崖っぷちになったときの若手の爆発力も1つの自分たちの持ち味だと思うので、やるべきはしっかりとやって、明日のチャンスをしっかりとつかみたい。」

【島根スサノオマジック】

☆勝久マイケルHC

「きれいなバスケットではなかったし、オフェンスでもうまくいかないことが多かったが、タフにディフェンスをし続けられたのが良かった。それとリバウンド、ビッグショット、ビッグスティールが出たことが勝因ではないかと思う。選手はこの日のためにやってきたという気持ちが強すぎたのか、今シーズンでも1番シュートを外すような自分たちのバスケットができなかった。明日はこれまででも1番タフなゲームになると思うので、しっかりと準備をして臨みたい。」

 

==B1昇格プロセスについて===
①明日12:55TIPOFFの第2試合に勝った場合は、20分のインターバルの後に第3試合を開催。
 第3試合に勝てば、B1昇格とFINAL出場決定。負けた場合は3位決定戦へ。
②明日12:55TIPOFFの第2試合に負けた場合は、3位決定戦へ。
③5/20プレーオフ3位決定戦 対戦相手:群馬クレインサンダーズ @国立代々木競技場 第二体育館 ※群馬に勝つと、翌週5月28日(日)B1・B2入替戦に出場し、ここでB1クラブとの入替戦に勝てばB1昇格!