MENU

HIROSHIMA DRAGONFLIES

MENU

NEWS

HOME>ニュース>4/2試合結果 広島76-69島根

4/2試合結果 広島76-69島根

 

【4月2日(日)島根スサノオマジック戦ゲームレポート】

4月2日(日)に松江市総合体育館(島根県松江市)で行われました島根スサノオマジック戦。

<スコア>

B.LEAGUE B2 第25節

広島ドラゴンフライズ76-69島根スサノオマジック

(1Q:21-16,2Q:18-15,3Q:20-19,4Q:17-19)

今シーズン成績:39勝11敗

会場:松江市総合体育館

入場者数:4011人

【スターター】

広島:#2朝山正悟、#5山田大治、#18鵤誠司、#21コナー・ラマート、#24田中成也

島根:#3呉屋貴教、#5山本エドワード、#31高畠佳介、#44栗野譲、#50ウェイン・マーシャル

<試合レポート>

☆第1Q

昨日の完敗から立ち上がり、是が非でも勝利が欲しい広島は立ち上がりから激しくいく。エナジーみなぎる鵤がボールをプッシュする。鵤が3P、ミドルシュートを決めリードする展開。それでも島根#31高畠のタフショット、#50マーシャルのインサイドからの得点など一歩も譲らない。それでもラマート、エンダイが気迫のリバウンドで流れを渡さない。坂田が3Pを決めて21−16とリード。

☆第2Q

鵤が迷いなく自分で決めにいく。ディロンのスティールからエンダイのダンクが広島に勢いをつける。さらにディロンがブロックショットも出して、ディフェンスでも簡単にはやられない。しかしオフィシャルタイムアウトを契機に島根が反撃に出る。島根#50マーシャルのディフェンスリバウンドを奪われ、インサイドから得点され点差は5点。ここで北川がスティールから電光石火のファストブレイクを決め、島根がタイムアウト。流れの駆け引きはベンチワークにもかかっている。このタイムアウト明け北川、朝山のプレッシャーディフェンスからタフショットに追い込みリバウンドを死守すると、ラマートが鮮やかな3Pを決める。リードを広げ39−31で後半へ。

☆第3Q

後半の立ち上がりから島根が一層にディフェンスで厳しくプレッシャーをかける。さらにラマートのターンオーバーから走られ39−37と2点差まで迫られる。ここから広島の最大の武器3P砲が目を覚ます。ボールを自在に回し田中、ディフェンスリバウンドから朝山・ラマートが落ち着いて3Pを決め流れを広島にグッと引き寄せる。さらに終了間際に田中がさらに2本3Pを決め、ホームの大声援を受け猛追する島根を振り切る。59−50で勝負の最終Q。

☆第4Q

前日よりも約1000人多い4011人の大声援に後押しされた島根が9点のビハインドをひっくり返すべく猛攻をしかける。しかし広島はこれを集中したディフェンスで防ぐ。それでも島根#55横尾の3Pを決める。が、広島が今日はエナジーで勝った。その直後に北川が3Pでお返し。続くディフェンスで24秒バイオレーションに追い込み、北川が技ありミドルシュートで点差は11点に。島根がここでタイムアウト。島根#5山本が入り、空気を変える。島根#42リード、そして広島のターンオーバーから島根#00デービスのダンク、さらに島根#5山本のレイアップと6連続ポイント。逆転へ勢いを付け始める。ここで踏ん張れた今日の広島。シュートが外れてもリバウンドをとって、サードチャンスで田中が魂の3Pを決める。傾きかけた流れをグッと引き戻し、勝利へ近づける。そして北川が残り2:08で3Pを決め、広島のファンの興奮は最高潮。最後の2分をなんとか逃げ切り昨日の雪辱を果たした。76−69。

絶対に勝たなければならないゲームを一度もリードを許すことなく、気持ちをきることなく最高のバスケットで勝利を挙げた。昨日のチームとは打って変わったエナジー溢れるパフォーマンスで、島根を押し込んだ。前半の鵤、坂田、後半の田中、北川と若手が特に気を吐き、山田、朝山もコート上でも、ベンチからも声を出し続け鼓舞し続けた。さらに昨日はピリっとしなかったラマートが奮戦。ダブルダブルの活躍で勝利に貢献した。エナジーを出して戦えば無類の強さを誇る島根に、AWAYの大歓声の前でも倒せる実力があることを証明した。大敗の後の素晴らしいゲームに成長と希望が見えた。残りは10ゲーム。ここからプレーオフへ最後の勝負が始まる。残り島根とは直接対決はないが、3位熊本とはゲームを残し、持てる力を全て出して走り抜けるしかない。

4000人の大歓声の中で広島の熱いコール、応援が今日の大きな勝因であり、選手を奮い立たせた。次節は3週間ぶりのホームゲームとなり、今日のゲーム以上のエナジーとパフォーマンスを見せられるか、B2優勝へ試金石となる。地元広島でも一層の熱い応援をください。歓喜の瞬間まで共に戦いましょう!残り10ゲーム全部勝って必ずやプレーオフ進出を果たせ!UNITED WE STAND!!

【主なスタッツ】

広島ドラゴンフライズ

◆得点

#11北川弘       15点

#21コナー・ラマート   14点  

#18鵤誠司      12点

#24田中成也     12点

◆リバウンド

#21コナー・ラマート    11リバウンド

 #0アジーズ・エンダイ    6リバウンド

#12ダニエル・ディロン   5リバウンド

#24田中成也        5リバウンド

◆アシスト

#21コナー・ラマート  5アシスト

 

島根スサノオマジック

◆得点

#5山本エドワード    15点

#55横尾達泰      14点

#50ウェイン・マーシャル 12点

◆リバウンド

#50ウェイン・マーシャル 8リバウンド

#00ジョシュ・デービス  6リバウンド

<ヘッドコーチ、選手コメント>

【広島ドラゴンフライズ】

☆佐古賢一HC

「今日は昨日とは打って変わって我々にエナジーがある入りをして、全体的には弛む時間のない緊迫したゲームでこちらの3Pを決めていくことができた。お互いにトランジションを出したい中で、なかなか出せず、広島は北川、鵤、田中が良いタイミングでシュートを決めてくれた。今日これだけハイエナジーなバスケットが出来ただけに昨日の敗戦がもったいない。今日は選手の自主性にまかせて昨日と全く同じ戦術、スタイルで挑んだ中で、選手個々が気を引き締めて「できるんだったらやろう」という意識で戦ってくれた。選手たちの良い自信になったのではないか。残りゲームで昨日のようなエナジーの不足したゲームをやらず、しっかり引き締めて戦っていきたい。」

☆#11北川弘

「僕らにとってライバルとして意識している島根に昨日ひどい負け方をして、どうやって今日戦うかを色々と考えて、フォーカスして臨んだ。最後の最後までなんとかガードとしてゲームを作りながら勝てたのは嬉しい。このAWAYの大声援の中でもメンタル負けせずに、ドンドン前に出てプレッシャーをかけていく広島のスタイルで戦えたことが勝利の要因だと思う。一人一人のコミュニケーションをしっかりと取っていくことで昨日の反省を一つずつ解いていった結果が今日の勝利に繋がった。」

☆#24田中成也

「昨日完敗して、正直、今日どうやったら勝てるのか答えを見出だせないまま臨んだ。それでも昨日の夜に若手で一緒にご飯を食べながら話をして、どれだけ若手がエナジーを出せるのかという部分にフォーカスをしていたので、それをゲームを通じてやりきれたのが勝利に繋がったと思う。ここ1ヶ月半スランプのような状態に陥っていて、自分でもどうやってプレイしたらいいのか悩んだが、リバウンドやディフェンスなどの出来る部分でエナジーを出して、自分のリズムをそこから作ることで今日はシュートの面でいい結果に繋がった。まだまだ強敵との対戦が続くので、チャレンジャーとして戦っていきたい。」

【島根スサノオマジック】

☆勝久マイケルHC

「今日は出だし広島が素晴らしいエナジーでプレイをした。広島のプレーオフレベルのインテンシティの前に、ほぼ全てのルーズボールで負け、19のオフェンスリバウンドを与えたことなどが敗因だと思う。強豪相手に2連勝する強さが必要なので、色んな意味で今日から学んで成長したい。2日間本当に多くのブースターに来てもらえて嬉しかった。今日はがっかりさせる結果になってしまったが、ブースターの応援があれば絶対に気持ちでは負けないし、ファイトして戦っていける。しっかり1週間良い準備をして来週の熊本戦に臨みたい。」