MENU

HIROSHIMA DRAGONFLIES

MENU

NEWS

HOME>ニュース>2/17試合結果 広島86-75群馬

2/17試合結果 広島86-75群馬

【2月17日(金)群馬クレインサンダーズ戦ゲームレポート】

2月17日(金)にヤマト市民体育館前橋(群馬県前橋市)で行われました群馬クレインサンダーズ戦。

<スコア>

B.LEAGUE B2 第19節

広島ドラゴンフライズ86-75群馬クレインサンダーズ

(1Q:14-13,2Q:30-19,3Q:21-22,4Q:21-21)

今シーズン成績:31勝6敗

会場:ヤマト市民体育館前橋

入場者数:645人

【スターター】

広島:#2朝山正悟、#5山田大治、#18鵤誠司、#21コナー・ラマート、#24田中成也

群馬:#0小淵 雅、#15栗原奨太、#31アブドゥーラ・クウソー、#50梅津大介、#51根東裕隆

<試合レポート>

☆第1Q

12連勝をかけて中地区首位の群馬と激突。広島はいつものスターター。ゲームは立ち上がり重たい展開でお互いにスコアを決められない。インサイドを固める群馬に対して広島はシュートが決まらずリズムが出ない。逆に群馬はリバウンドで広島に競り勝ちチャンスを作るもののミスが出る。拮抗した状態で第2Qへ。14-13。

☆第2Q

最近調子の上がってこなかったディロンが躍動する。ゲームをコントロールするとターンオーバーも奪って主導権を握る。鵤も積極的に自分でドライブを仕掛けて群馬ディフェンスをこじ開ける。ラマート、坂田のリバウンドでリズムも生まれ一挙30得点で44-32。良い流れで後半へ。

☆第3Q

ラマートがチームを引っ張る。バスケットカウントを獲得し、さらに田中のアシストからシュートを決めてリードを広げる。しかし個人ファウルが重なりエンダイと代わる。ここで少しリズムが乱れる。朝山に代わって北川を投入し、北川、鵤、田中のディフェンスの良い3人が流れを作りにいく。それでもターンオーバーやフリースロー失敗などできっかけをつくれず拮抗した展開が続く。65−54で最終Qへ。

☆第4Q

3Q終盤の重たい空気が広島に漂う。それを振り払おうと朝山が3Pを沈めチームを鼓舞する。しかし東地区首位の群馬が勝利への執念を見せ群馬#50梅津の3P、さらに#11藤原の連続得点で5点差まで一気に詰める。佐古HCはここでタイムアウト。ホーム群馬に傾きつつある流れの中で群馬#1ケネディがまさかのフリースローを3本落とし、広島としては救われる。それでもラマートがファウルトラブルで残り5分を残してベンチに下がると、残り2分で4点差まで群馬が迫る。今日1番のシュートを決めたのは、その直後に3Pを冷静に沈めたディロンだった。鵤からのアシストをリング正面に構えたディロンへ。このパスをきっちりと決めてリードを7点差。ここからはファウルゲームとなり、フリースローをきっちり沈めていきゲームセット。接戦をなんとか逃げ切った。86−75。

後半かなり競った展開となったが、焦ることなく落ち着いて難敵を寄り切った。年明けから続くタフなゲームの中でチームとしての強さを感じられる内容だった。朝山の勝負ところでの働きは圧巻だが、ディロン、ラマートの安定感はチームに欠かせない。2Qでチームに勢いをつけた坂田にも、ここからさらにギアを上げて活躍を期待したい。依然として課題となるのはゾーンディフェンスの崩し、ディフェンスの激しさ、リバウンドだろう。交流戦も残り少なくなってきたが、西地区のチームも交流戦を経てよりパワーアップしているので、今のうちに修正し、チームをさらにステップアップしていきたい。

クラブレコードを塗り替える12連勝で暫定ながら西地区首位に立った。前節で佐古HCが語ったように、チームにプライドが感じられタフさも出てきた。連勝を伸ばし続ける中で個々のステップアップもしていけることだろう。明日も間違いなくタフなゲームになる。今日以上のゲームで快勝して、広島に帰ってきてほしい。

関東でのアウェイゲームにも関わらず沢山の会場での応援ありがとうございました。スポナビライブでいつも応援してくださる皆さまの声援も力の源です。

明日も共に戦って、13連勝しましょう!!  UNITED WE STAND!!

 

【主なスタッツ】

広島ドラゴンフライズ

◆得点

#2朝山正悟       18点

#12ダニエル・ディロン  17点

#21コナー・ラマート   12点

#18鵤誠司        11点

◆リバウンド

#21コナー・ラマート   8リバウンド

#18鵤誠司        6リバウンド

#0アジーズ・エンダイ   5リバウンド

◆アシスト

#11北川弘     5アシスト

群馬クレインサンダーズ

◆得点

#50梅津大介                            16点

#31アブドゥーラ・クウソー   14点

#1トーマス・ケネディ             12点

◆リバウンド

#55マーカス・カズン    10リバウンド

#31アブドゥーラ・クウソー   8リバウンド

#1トーマス・ケネディ             6リバウンド

#15栗原奨太        5リバウンド

◆アシスト

#0小淵 雅    5アシスト

<ヘッドコーチコメント>

【広島ドラゴンフライズ】

☆佐古賢一HC

「今日は久しぶりにチームでのファストブレイク、高いポジションでのプレッシャーが効いて良いスティールを何本か、そこに対しての決定率は後半落ちたが、前半は自分たちが立てた戦術通りの展開だったのではないかと思う。後半苦しんだのは、ビッグマンのファウルトラブルのところ。ヘルパーを少し深めに入れたところから3Pを決められたところがミスだった。ゾーンオフェンスに対しても悪くなく、3Pも嫌われて落ちていくというのも何本かあった。先週の練習で、群馬のゾーンに対して練習もしたという中で、イメージもあって、良いリズムでオープンサイドに球を展開出来ていた。明日も継続して我慢しながらしっかり1Q1Q戦っていきたいと思う。」

【群馬クレインサンダーズ】

☆平岡富士貴HC

「前半に尽きるかなと思う。後半は良く選手達がファイトしてチームのルールを徹底しながら、我々のバスケットをしようとしてくれたので良い試合が出来た。ただ前半が全くプラン通りになってなかったという事が一つ、またミスから走られてしまった、イージーバスケットを前半にされてしまった事が敗因。今、チームも落ちてきてはいますが、現状打破する為に、もがいて這い上がっていきたい。」