MENU

HIROSHIMA DRAGONFLIES

MENU

TEAM

HOME>チーム>クラブプロフィール
 

クラブプロフィール

わたしたちには忘れられない瞬間があります。

部活の仲間と抱き合い熱狂したブザービート。
初めて家族と行ったアリーナのまぶしいライト。
わが子の成長に驚いたはじめてのシュート。

そして、わたしたちには憧れる情景があります。

アリーナに集まる沢山の人たち。
友だちとスターターを予想し、
隣でお父さんがビールを飲む姿を眺め、
おばあちゃんにルールを説明する。
アリーナに選手のコールが響き渡った瞬間、
会場にいるすべての人が試合に心を奪われ、
あこがれの選手たちに声援を送り、
立ち上がり、祈り、時には涙を流す。
笑顔で帰る街並みには、
バスケットを楽しむ人々が溢れ、
ふと覗いた体育館では、
子どもたちが元気に練習している。

わたしたちは日常にバスケットボールがある
そんなコミュニティーを目指します。

わたしたちには忘れられない瞬間があります。

部活の仲間と抱き合い熱狂したブザービート。 初めて家族と行ったアリーナのまぶしいライト。 わが子の成長に驚いたはじめてのシュート。

そして、わたしたちには憧れる情景があります。

アリーナに集まる沢山の人たち。
友だちとスターターを予想し、 隣でお父さんがビールを飲む姿を眺め、 おばあちゃんにルールを説明する。 アリーナに選手のコールが響き渡った瞬間、 会場にいるすべての人が試合に心を奪われ、 あこがれの選手たちに声援を送り、 立ち上がり、祈り、時には涙を流す。 笑顔で帰る街並みには、 バスケットを楽しむ人々が溢れ、 ふと覗いた体育館では、 子どもたちが元気に練習している。

わたしたちは日常にバスケットボールがある そんなコミュニティーを目指します。

広島に、バスケでつながる風景を。広島ドラゴンフライズ

経営理念

バスケットボールを通して人と人がつながり、笑顔が溢れるコミュニティーづくりを目指します。

世代、性別、国籍などを超えて、すべての人たちが一緒に楽しめるバスケットボールを目指します。

子供たちの模範となるチームづくりを目指します。

世の中に認められる健全な経営を目指します。

広島に密着し、地域の方々とともに繁栄できる企業を目指します。
 

チーム名について

チーム名「広島ドラゴンフライズ」は、日本では広島県廿日市市宮島町(日本三景の宮島)に限り生息している“ミヤジマトンボ”に由来しています。
古来より、トンボ(英名:ドラゴンフライ)は、前に飛んで決して後ろに下がらない勇猛果敢な虫として「勝ち虫」と言われ、勝利を呼ぶ縁起の良い虫とされています。
そして、“飛ぶ”というバスケットボール特有の動きをイメージさせ、日本人にとって覚えやすく馴染みの深いモチーフであることから、チーム名を「広島ドラゴンフライズ」と命名しました。

チームカラーについて

チームカラーは、宮島の鳥居をイメージした「朱色」をメインカラーとし、瀬戸内の海をイメージした「青色」をサブカラーとします。

広島ドラゴンフライズについて

2013年4月2日 清水敬司(元・弊社専務取締役)が「バスケットボールトップリーグ“NBL”に所属するプロチームを広島に立ち上げる会」を設立
2013年4月4日 「バスケットボールトップリーグ“NBL”に所属するプロチームを広島に立ち上げる会」が広島県バスケットボール協会にプロチーム設立の協力を要請
2013年5月26日 広島市中区にてシンポジウム「広島にプロバスケチームをつくろう!」を開催
2013年6月30日 資本金3,000万円の調達の目途をつけ、NBLへの参加申込書を提出
2013年8月8日 NBL理事会および社員総会が広島の参入を承認、2014-2015シーズンからの参入が決定
2013年8月26日 チーム名を「広島ドラゴンフライズ」に決定
2013年10月2日 運営会社「株式会社広島ドラゴンフライズ」を設立