MENU

HIROSHIMA DRAGONFLIES

MENU

NEWS

HOME>ニュース>3/25(日)試合結果 広島77-73香川

3/25(日)試合結果 広島77-73香川

【3月25日(日)B2第24節 GAME2 香川ファイブアローズ戦ゲームレポート】
3月25日(日)に広島サンプラザホール(広島市西区)で行われました香川ファイブアローズ戦。
<スコア>
B.LEAGUE 2017-18 B2
広島ドラゴンフライズ77-73香川ファイブアローズ
(1Q:18-16,2Q:17-23,3Q:20-18,4Q:22-16)
会場:広島サンプラザホール
入場者数:1829人
マンオブザマッチ:#2朝山正悟
シーズン成績:23勝23敗(B2西地区4位)
【スターター】
広島:#0ジャマリ・トレイラー、#5山田大治、#7坂田央、#11北川弘、#24田中成也
香川:#0大澤 歩、#2レジナルド・ウォーレン、#7堀川竜一、#41高田秀一、#88木村啓太郎
<試合レポート>
☆第1Q
今節こそはホームで連勝を挙げたいGAME2。スターターは変わらないメンバー。立ち上がり北川が3Pを決めるも、香川#2ウォーレンのディフェンスリバウンドからの速攻でリズムがつかめない。それでも山田がインサイドで得点をつなぐと、集中したディフェンスで香川にプレッシャーをかける。トレイラーのブロックショット、ガード陣の粘り強いディフェンスが光る。田中の3P、北川のスティールからのファストブレイク、坂田のジャンパーで畳み掛け18-16で第2Qへ。
☆第2Q
コートがベースラインをドライブして得点、村上も3Pで続き若い力が引っ張る。しかしターンオーバーでつかみかけた流れを手放してしまい、香川#2ウォーレンの3Pで逆転を許してしまう。香川も粘り強いディフェンスで広島はタフショットが増え、我慢のクロスゲームになってくる。広島はコッツァーのインサイドをつかいたかったが、香川#2ウォーレン、#31クウソーが献身的な動きを見せリズムがつかめない。ウォーレンは3Pも狙ってくる。逆転を許して後半へ。35-39。
☆第3Q
香川#2ウォーレンがタフショットを決めてくる。北川の3Pは決まるが、ショットが入らずディフェンスリバウンドからつながれ香川ペースに。それでもトレイラーのブロックショット、ルーズボールへのダイブとハッスルプレイで盛り立て、村上のアタックで勢いをつける。すると流れを変える朝山の3Pが決まる。坂田も続き、55-57で最終クォーターへ。
☆第4Q
いい流れを引き継いだ広島はスティールからの坂田のファストブレイクが2本決まって、逆転に成功。さらにリードを広げる朝山の3P、勝負を決める田中の3Pとシューター陣が勝利を呼び込む。香川も#2ウォーレンを中心に追いすがるが、最後も朝山の得点で締めて勝負を決めた。77-73。
年末の茨城ロボッツ戦以来のホームでの連勝を挙げることができた。昨日の展開とは全く違うクロスゲームとなったが、我慢して最終クォーターの逆転勝利につなげた。ディフェンスで粘ることができたが、ミスも多く出たゲームでリバウンドも取れなかった。ここ最近はドリスドムのドライブに偏っていただけに、日本人選手が点をつなぐことができたのは次につながる。ただシュートの確率の良さが功を奏したが、インサイドでタフにいって点を取る、アタックしていく姿勢も必要だ。フリースローを6本しかもらえていないだけに、チームとして頭をつかって、試合を巧者になりたい。
この連勝を伸ばしていきたい。特に1Qの入りはこの土日は良かったので、継続してリズムをつくっていきたい。水曜日に奈良、土日で福島とハードなアウェイゲームが続くが、ここを勝利でつないで、ホーム広島に帰ってきたい。広島の誇りをかけて、共に闘いましょう。BE ONE!UNITED WE STAND!

【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
#1村上駿斗      13点
#2朝山正悟    13点
#11北川弘     11点
#42ケビン・コッツァー  10点
◆リバウンド
#0ジャマリ・トレイラー  4リバウンド
#2朝山正悟        4リバウンド
◆アシスト
#3テレンス・ドリスドム    6アシスト

香川ファイブアローズ
◆得点
#2レジナルド・ウォーレン    35点
#31アブドゥーラ・クウソー  14点
#41高田秀一    10点
◆リバウンド
#2レジナルド・ウォーレン  9リバウンド
#31アブドゥーラ・クウソー  7リバウンド
◆アシスト
#88木村啓太郎   7アシスト 
#99筑波拓朗              5アシスト

<ヘッドコーチ・選手コメント>
【広島ドラゴンフライズ】
☆#2朝山正悟HC
「昨日とは違う我慢の展開になって、最後まで我慢して勝てたことは良かった。ディフェンスでは特にプレッシャーをかけて相手のボールラインを上げることができたことは評価できる。ウォーレン選手に2日間通してやられ過ぎてはいるが、全体として香川の3Pを抑えられた。それでも香川にオフェンスリバウンドを12本与えていて、フリースローは6本しかもらえていないことを考えると、この内容では上位チームの対戦では苦しいスタッツになっている。本当は勝てないような内容の中で、昨日今日とシュートが確率良く入っているので、確率に左右されないようなチームを目指さないといけない。勝ちの中で反省できる週末になったので、水曜、土日曜と短い中になるが、修正して戦っていきたい。」
☆#24田中成也
「昨日のゲームを受けて、香川は必ず挽回してくると思っていたし、実際にそういうゲームになった。こういう競ったゲームをいかに勝ち切るかが課題の中で、今日はなんとか勝ちきれたことは評価できるし、残り14ゲームの中でまだ成長できる余地があることが分かったので価値ある連勝となった。もう少しオフェンスにアクセントが欲しいし、もっとタフにいかないといけないと思う。フリースローをどうやってもらうかということも、チームの戦術として改善しないといけない。」

【香川ファイブアローズ】
☆衛藤晃平HC
「昨日の反省からターンオーバーから失点をしないことを気をつけて、ゲームに入った。選手は持っているスキル、メンタリティは全て出してくれたと思う。やはり1人外国籍選手を連れてきていない中で、40分間バスケットに変化をつけることができなかった。逆に広島は日本人ビッグマンの坂田選手を始め、オプションの多いバスケットをしていた。ディフェンスからゲームに入れたことは収穫だと思うし、一人一人が役割を遂行するチーム力が我々の武器なので、スキルをおぎなうためにもチーム一丸となって残りゲーム戦っていきたい。」