MENU

HIROSHIMA DRAGONFLIES

MENU

NEWS

HOME>ニュース>3/24(土)試合結果 広島90-66香川

3/24(土)試合結果 広島90-66香川

【3月24日(土)B2第24節 GAME1 香川ファイブアローズ戦ゲームレポート】
3月24日(土)に広島サンプラザホール(広島市西区)で行われました香川ファイブアローズ戦。
<スコア>
B.LEAGUE 2017-18 B2
広島ドラゴンフライズ90-66香川ファイブアローズ
(1Q:18-10,2Q:24-17,3Q:32-19,4Q:16-20)
会場:広島サンプラザホール
入場者数:1610人
マンオブザマッチ:#1村上駿斗
シーズン成績:22勝23敗(B2西地区4位)
【スターター】
広島:#0ジャマリ・トレイラー、#5山田大治、#7坂田央、#11北川弘、#24田中成也
香川:#0大澤 歩、#2レジナルド・ウォーレン、#7堀川竜一、#41高田秀一、#99筑波拓朗
<試合レポート>
☆第1Q
福岡戦での連敗を糧にホームで連勝を勝ち取りたい。スターターにはいつもの布陣。対して香川は外国籍選手のベンチ登録が2名と怪我人が出ている苦しい状況。ゲームは立ち上がりから広島が支配する。山田のジャンパーで先制すると、北川のスティールから田中が3Pを決め、トレイラーのルーズボールやブロックショットのハッスルプレイで流れをつかむ。ディフェンスでも香川のターンオーバー、タフショットを誘い、ポゼッションは広島有利。香川はショットが打てない。18-10で広島リード。
☆第2Q
ドリスドムのスティールから朝山のファストブレイクで22-10とリードを広げるが、香川#2ウォーレン、#13近の3Pで追い上げる。しかし朝山が4点プレイで流れを引き戻すと、村上のバスケットカウント、コートの3Pが決まって、34-23。さらにドリスドムのスティールから走ってダンクで叩き込み40-27。香川も#31クウソーの走力が光ったが、広島が42-27とリードを広げて後半へ。
☆第3Q
北川の得点でリズムは引き続き良い広島だったが、香川エース#2ウォーレンも黙っていない。連続で3Pを決めて追いすがる。それでもしっかりディフェンスで粘って、坂田の3P、村上のオフェンスリバウンドからのセカンドチャンスポイントで得点をつないでいく。さらに久々出場の岡崎が1本目のショットを3Pで決めて、67-46とリードはさらに広がる。続いても坂田がボールを奪ってからの速攻でリズムをキープして、最終クォーターへ。74-46。
☆第4Q
最終クォーターもパスワークから香川ディフェンスを翻弄する。岡崎が2本目となる3Pを決め、トレイラーがAND1を獲得。コートも12得点の活躍。残り1:31で仲摩がショットを決めて全員得点を挙げた。試合終了まで主導権を握り続けた会心のゲームで勝利をつかんだ。90-64。
特に前半で香川からターンオーバーを奪って、ポゼッションで有利に立った。攻めてもボールと人が良く動き、自分たちのリズムでショットを打つことが出来た。今季初めてマンオブザマッチを獲得した村上は落ち着いてゲームをコントロールし、緩急を付けて勝利に導いた。久しぶりにプレイタイムが長くなった岡崎、コートもそれぞれ得点も決め、勝利に貢献した。全員出場 ・得点での勝利は久々で、良いバスケットをすることができた。
GAME2もこの勢いで連勝といきたいが、今日はショットの確率が良かったので、これが悪くなると全く違う展開になる。今節こそホームで連勝を勝ち取るために共に闘いましょう。BE ONE!UNITED WE STAND!

【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
#1村上駿斗      16点
#5山田大治    13点
#10ハンターコート  12点
#7坂田央     10点
◆リバウンド
#3テレンス・ドリスドム         7リバウンド
#5山田大治        6リバウンド
#42ケビン・コッツァー   6リバウンド
#0ジャマリ・トレイラー    5リバウンド
◆アシスト
#42ケビン・コッツァー   6アシスト
#36仲摩匠平        5アシスト
◆スティール
#3テレンス・ドリスドム    6スティール

香川ファイブアローズ
◆得点
#2レジナルド・ウォーレン    25点
#31アブドゥーラ・クウソー  15点
◆リバウンド
#31アブドゥーラ・クウソー  11リバウンド
#2レジナルド・ウォーレン  9リバウンド
◆アシスト
#0大澤 歩     6アシスト 

<ヘッドコーチ・選手コメント>
【広島ドラゴンフライズ】
☆#2朝山正悟HC
「今日は自分たちのバスケットを40分間の中で長く出すことができた。ずっと課題となっているゲームの入りと第3Qも良かったと思う。最後は20点取られてしまったが、自分たちのディフェンスを終始機能させることができた。ベンチから出た選手が全員良い形でつないでくれた。岡崎が交代で入って1本目を決めたプレイはチームを救った1本だったと思う。よく打ち切って決めてくれた。チームには福岡に連敗した後に、自分たちのやれるバスケットを最後までやりきろう、しっかり広島のプライドをもって一戦一戦戦い抜くことを話して、良いバスケットができるように準備をしてきた。今日はそれが出せたと思うが、明日は違う展開になると思うので、今日また準備して明日挑みたい。」
☆#8岡崎修司
「コートに立ったら結果を出そうと思って準備していたので、チームに貢献できて良かった。1本目のショットが入ってくれたので、2本目も打ち切れた。今日はディフェンスが66失点で抑えられたことがチームとしては良かったと思う。節で勝ちきれないことが続いているので、なんとか勝利に貢献できるように思いっきりプレイして、チームの雰囲気や流れを変えられる働きをしていきたい。」

【香川ファイブアローズ】
☆衛藤晃平HC
「シュート確率が単純にリーグでも低い我々が、決められる選手のいる広島と対戦して、アテンプトの差が10本ほどあって、それを決められてしまうと、点差が開くようなゲームになってしまう。明日はミスから崩れないように、ターンオーバーをしない、オフェンスリバウンドを与えない、ポゼッションをとられない、ルーズボールはこちらがとるというような部分を徹底したい。それができないと戦術や作戦でカバーするのは難しい。香川から駆けつけてくれた多くのブースターやいつも応援してくれる方のためにも、明日は反省点を修正して頑張りたい。」