MENU

HIROSHIMA DRAGONFLIES

MENU

NEWS

HOME>ニュース>12/20(水)試合結果 広島96-79福岡

12/20(水)試合結果 広島96-79福岡

【12月20日(水)B2第13節 ライジングゼファー福岡戦ゲームレポート】
12月20日(水)に福岡市民体育館(福岡県福岡市)で行われましたライジングゼファー福岡戦。
<スコア>
B.LEAGUE 2017-18 B2
広島ドラゴンフライズ96-79ライジングゼファー福岡
(1Q:19-16,2Q:27-14,3Q:31-26,4Q:19-23)
会場:福岡市民体育館
入場者数:1309人
シーズン成績:13勝11敗(B2西地区4位)
【スターター】
広島:#7坂田央、#11北川弘、#24田中成也、#36仲摩匠平、#42ケビン・コッツァー
福岡:#5山下泰弘、#7北向由樹、#10ファイ・パプ月瑠、#11エリック・ジェイコブセン、#21加納督大
<試合レポート>
☆第1Q
西地区首位を独走するライジングゼファー福岡との再戦。ここまで福岡はホームでは負け無し、今季わずかに2敗と絶好調だ。しかし月曜日にアウェイでゲームを戦っており、広島にコンディションのアドバンテージもある。スタートから全力でぶつかっていきたい。ゲームは立ち上がりの最初のプレイでいきなり北川が接触で負傷交代となるアクシデント。しかし代わって入った村上がしっかり役割を果たす。コッツァーのインサイドからの得点、坂田、仲摩が3P決めて広島がリードを奪う。守っても坂田が帰化選手の福岡#10パプ月瑠を抑え、仲摩も持ち味を発揮しターンオーバーを奪う。村上がジャンパーを落ち着いて決め、大事に至らなかった北川と交代。福岡も#41加納のドライブ、#22ペッパーズの3Pで同点に追いつくが、チャップマンが3Pをやり返して19-16。
☆第2Q
広島は前節に悔しい思いをしたドリスドムがいきなりエンジン全開。3P、レイアップを決めて良い入りをする。そこに朝山も3Pで続いて、福岡が早めのタイムアウト。広島がペースを握る。残り5:34に北川がディフェンスリバウンドを取ったテレンスのアシストを受けてファストブレイク、仲摩がシュートフェイクからのドライブで得点、さらにスティールと良いディフェンスからリズムが生まれる。福岡#5山下から#22ペッパーズのアリウープというビッグプレイも出るが広島も動じず自分たちのバスケットを貫く。46-30で後半へ。
☆第3Q
立ち上がりディフェンスプレッシャーでボールを奪った坂田が一気に走ってAND1を獲得する。ここから福岡のハイプレスが強くなる。その足を動かした速い展開で福岡がペースを握ろうとする。福岡#5山下の3P、#7山下の3P、そしてスティールから#5山下に走られてレイアップを決められ残り5:34、56-44となって広島タイムアウト。これで気持ちが切り替えられた広島。ここから坂田が躍動する。集中したディフェンスで福岡の流れをくい止めると、坂田が3Pを決め一気に流れは広島に。さらにリングにアタックする積極的なオフェンスでリードを広げる。ファウルをもらってフリースローで得点も繋いで77-56で最終クォーターへ。
☆第4Q
ここまで激しくディフェンスを続けてきた福岡のディフェンスをドリスドムが切り開く。ドライブ、ディフェンスリバウンドからの速攻で福岡の追撃を振り払った。田中の3Pも決まって最後まで集中を切らさずに、このリードを保ったまま勝利を掴んだ。96-79。
西地区首位のライジングゼファー福岡からアウェイで大きな一勝を挙げることができた。朝山HCとなった新体制になり、先週末に連敗はしたものの、秋田GAME2のエナジーをそのままに福岡を倒したといえる。立ち上がりからチームディフェンスが機能し、急きょの出場になった村上がゲームをしっかりとコントロールして流れを呼び込んだ。オフェンスでも速いボール回しと、ボールをプッシュして速い展開で攻め上がるところと、足もボールもよく動き連動したオフェンスを展開できた。ディフェンスリバウンドの部分で福岡に競り負けている場面もあったので、ここは引き続き改善ポイントだ。なにより坂田、仲摩ら、ここまで主に縁の下の力持ちとして活躍してきた選手が得点を挙げて勝利できた価値は大きい。これから坂田がもっとアタックする姿が出てくれば、チームは勢いづくだろう。
福岡に勝利できたことは大きいがまだ広島が西地区4位であることに変わりはない。上を目指すためにも一戦一戦に集中し、今日の勝利をしっかり次につなげる必要がある。年末まで残り4試合のホームゲームを全勝で2018年を迎えたい。BE ONE!UNITED WE STAND!ホームでも熱い声援よろしくお願いします。

【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
#3テレンス・ドリスドム    19点
#13クリント・チャップマン  18点
#7坂田央        16点
#36仲摩匠平         10点
#42ケビン・コッツァー  10点
◆リバウンド
#3テレンス・ドリスドム     10リバウンド
#13クリント・チャップマン 9リバウンド
#42ケビン・コッツァー  6リバウンド
◆アシスト
#11北川弘         7アシスト
#3テレンス・ドリスドム  5アシスト

ライジングゼファー福岡
◆得点
#22ジョシュ・ペッパーズ    21点
#11エリック・ジェイコブセン 13点
#5山下泰弘          11点
◆リバウンド
#11エリック・ジェイコブセン 9リバウンド
#5山下泰弘           6リバウンド
#21加納督大         6リバウンド
#22ジョシュ・ペッパーズ   5リバウンド
◆アシスト
#22ジョシュ・ペッパーズ   5アシスト

<ヘッドコーチコメント>
【広島ドラゴンフライズ】
☆#2朝山正悟HC
「今日は自分たちのバスケットが40分を通してできたと思う。先週末に秋田に連敗をして、今日どういうゲームをするかということを試される日だったと思うが、出だしから気持ちを強く持って、しっかり戦えたことは非常に良かった。同じカンファレンスで首位を独走する福岡にこういうゲームができたことは自信になる。」

【ライジングゼファー福岡】
☆河合竜児HC
「。」

【次回のホームゲーム】
1223.jpeg