MENU

HIROSHIMA DRAGONFLIES

MENU

NEWS

HOME>ニュース>4/1試合結果 広島50-72島根

4/1試合結果 広島50-72島根

【4月1日(土)島根スサノオマジック戦ゲームレポート】

4月1日(土)に松江市総合体育館(島根県松江市)で行われました島根スサノオマジック戦。

<スコア>

B.LEAGUE B2 第25節

広島ドラゴンフライズ50-72島根スサノオマジック

(1Q:11-23,2Q:11-11,3Q:14-18,4Q:14-20)

今シーズン成績:38勝11敗

会場:松江市総合体育館

入場者数:3176人

【スターター】

広島:#2朝山正悟、#5山田大治、#18鵤誠司、#21コナー・ラマート、#24田中成也

島根:#3呉屋貴教、#5山本エドワード、#31高畠佳介、#44栗野譲、#50ウェイン・マーシャル

<試合レポート>

☆第1Q

いよいよ頂上決戦の火蓋が切って落とされた。会場は島根ブースターそして広島の熱いファンで埋まった。ゲームは立ち上がり田中の3Pで先制するも、島根の足を動かした厳しいディフェンスに後が続かない。島根#50マーシャルのカットイン、3Pなどで点差は一気に開き4-18と流れは完全に島根。立て直したい広島はエンダイ、坂田を投入するも島根#00デービスがインサイドで存在感を発揮する。ターンオーバーも重なり、主導権は島根。11-23と大きくビハインドを背負って第2Qへ。

☆第2Q

朝山が幸先の良い3Pを決め、エンダイがダンクを決め続く。さらにディロンのドライブで点差を詰めていく。ここで島根がタイムアウト。反撃を強めたいところが逆にここから島根が盛り返し、広島は田中のフリースロー失敗など流れが作れない。島根はファウルが続くフラストレーションがたまる場面でもきっちりゲームをコントロールし、オフェンスリバウンドから得点、島根#55横尾の3Pも決めて点差はそのまま。22-34。

☆第3Q

広島がアウトサイドのシュートを決めれずにいると、島根#50マーシャルがディフェンスリバウンドからのボールを繋いで連続得点。さらに島根#5山本の3Pも決め、リードが広がる。北川がミドルシュートを決めるも島根のスティールからファストブレイクで#00デービスのダンクが決まり30-49。広島がタイムアウト。なんとか立て直しを図る。しかしクラブレコードとなる3000人のアリーナの声援が島根の勢いづける。点差がさらに開いて最終Qへ。

☆第4Q

逆転勝利へきっかけをつくりたいところだったが、島根がそれを許さない。いきなり島根#41リードのミドル、#50マーシャル、#32安部の3Pで勝負を決めにかかる。広島もあきらめずに食らいつくも、島根のインサイドでブロックショットにも阻まれ、得点が伸びない。ラマートの3Pが決まった時にはすでに時遅し。首位攻防の頂上決戦は大差で敗れることとなった。最終スコア50-72。

広島にとっては完敗といえる内容で、首位島根の安定したディフェンスの前に攻め手を欠き、接戦に持ち込めず第1Qから一方的な展開で敗れた。インサイドで勝負できず、アウトサイドのシュートも決まらなかった。ディフェンスでも後手にまわることが多く、中外ともに島根のやりたいことをやられてしまった。島根もファウルトラブルなど決して隙が無かったわけではないが、集中力を切らさずチームディフェンスで広島の反撃の糸口を与えなかった。

明日は広島にとって最も大事なゲームになる。今日の敗戦を受け止め、気持ちを完全に切り替えて戦うしかない。今日以上に強い勝利への執念と、エナジーを出して戦わないと、島根を倒すことはできないだろう。チームがまさに一丸となって、ここ1番のパフォーマンスで必ずや勝利をあげたい。

多くの広島ファンの皆さまに松江まで足を運んでいただき、AWAYの大声援の中でも力強い応援をして頂いた。広島ファンが期待するのは勝利ただ一つ。泥臭くとも、意地で勝利をもぎとれ!明日も共に戦いましょう!UNITED WE STAND!!

【主なスタッツ】

広島ドラゴンフライズ

◆得点

#0アジーズ・エンダイ  17点

#21コナー・ラマート   12点  

◆リバウンド

#0アジーズ・エンダイ   8リバウンド

#21コナー・ラマート    5リバウンド

 

島根スサノオマジック

◆得点

#50ウェイン・マーシャル 23点

#00ジョシュ・デービス  15点

#5山本エドワード    10点

◆リバウンド

#00ジョシュ・デービス  12リバウンド

#50ウェイン・マーシャル 7リバウンド

#42ライアン・リード   5リバウンド

<ヘッドコーチコメント>

【広島ドラゴンフライズ】

☆佐古賢一HC

「今日は出だしから島根のプレッシャーディフェンスに押されて、こちらのオフェンスを壊された。2Qは我慢できたが、3Qでいいショットが出ずに点差を縮める事ができなかった。ずっと主導権を握られたままで終わってしまった。インサイドでもアウトサイドでもこれだけやられてしまうと勝てない。特にインサイドのリバウントのところが致命傷になった。全体的にみて明らかにエナジーが島根のほうが上で、気持ちの部分で持って行かれた部分もあったと思う。残念なゲームになったが、選手をしっかりと切り替えさせて、明日もう一回頑張りたい。」

☆#2朝山正悟

「今日は惨敗の一言につきる。いつも通り良い準備が出来、気持ちも入れて挑めたと思うが、このような結果になってしまった。リバウンドや1対1といった単純な部分で勝てなかった。明日がまだあるので、現実をしっかりと受け止めてやるしかない。1部昇格をあきらめるわけにはいかないし、上を向いて、明日はやるべきことをやるだけ。」

【島根スサノオマジック】

☆勝久マイケルHC

「クラブレコードとなる3176名のブースターの前でゲームができたことは幸せ。マーシャルが活躍したゲームになったが、岡本、横尾などスタッツに残らない部分のディフェンスでしっかりと貢献してくれて良いゲームができた。明日もタフなゲームになると思うので、しっかりと臨みたいと思う。」