MENU

HIROSHIMA DRAGONFLIES

MENU

NEWS

HOME>ニュース>2/26試合結果 広島85-66東京Z

2/26試合結果 広島85-66東京Z

 

【2月26日(日)アースフレンズ東京Z戦ゲームレポート】

2月26日(日)に広島サンプラザホール(広島市西区)で行われましたアースフレンズ東京Z戦。

<スコア>

B.LEAGUE B2 第20節

広島ドラゴンフライズ85-66アースフレンズ東京Z

(1Q:23-8,2Q:19-18,3Q:22-13,4Q:21-27)

今シーズン成績:32勝8敗

マンオブザマッチ:#18鵤誠司

会場:広島サンプラザホール

入場者数:1528人

【スターター】

広島:#2朝山正悟、#5山田大治、#18鵤誠司、#21コナー・ラマート、#24田中成也

東京Z:#1増子 匠、#5ディオン・ジョーンズ、#7渡邊翔太、#20秋葉真司、#35高山師門

<試合レポート>

☆第1Q

昨日の敗戦を受けて気持ちを切り替えてリベンジを誓う広島。スターターはお互いに同じだが、広島は気持ちの入り方が全く違った。厳しいディフェンスで東京Zの攻撃を抑えると、鵤のペネトレイトなどインサイドを切り崩す。この日の鵤は簡単には止められない。パスを効果的に散らすと同時に自らも得点し、第1Qだけで12得点。最高の立ち上がりで昨日の嫌な敗戦を払拭する。23−8。

☆第2Q

食らいついて行きたい東京Zは攻勢に出る。広島はエンダイに変えてラマートを出しリズムをつくる。残り5:42北川のペネトレイトからのアシストをラマートが決める、さらに残り3:28に山田がナイスアシストでディロンがスコア、残り2:59田中のディフェンスから山田がラマートにつないで追加点。いいリズムから得点が生まれる。前半を良い形で終え、勝負の後半戦へ。42-26。

☆第3Q

第1Q同様に集中したディフェンスで東京Zに落ち着いて攻めさせない。広島は朝山が得点をつなぐ。代わって入った北川も積極的にボールをプッシュしてリズムと勢いを与える。残り2:02北川がディフェンスリバウンドから得たボールをそのまま自分でドライブをしかけてファストブレイクポイント。残り1:23同じくディフェンスリバウンドから北川、山田とつないでファストブレイク。良い流れを加速させリードを広げる。64-39。

☆第4Q

立ち上がり東京Zの反撃を仲摩が出鼻をくじく。スティールから自らドライブ。さらにラマートのオフェンスリバウンドからディロンが得点するなど、点差はこの日最大の31点まで開く。ディフェンスではこの日、ホームアリーナに集まった1528名の大きなディフェンスコールで東京Zの攻撃を阻む。それでも東京Zは#5ジョーンズが攻守で奮戦する。これを広島はチームで守りきり、昨日のリベンジを果たした。最終スコア85-66。

昨日の完敗から一夜。広島は全く違うチームに生まれ変わり東京Zを圧倒した。第1Qから厳しいディフェンスからの速攻、鵤のゲームコントロールで勢いを作った。特にペイントエリアから得点が大きく、これまで頼ってきた3Pからの得点はわずか6点と、攻撃バリエーションの幅をみせた。10点を超えるスコアが5人とディフェンスに的を絞らせなかった。ファストブレイクもよく出て、佐古HCの目指すリズムの良いバスケットを表現した。

広島サンプラザホールに集まった1528名の熱い応援が第1Qから最後まで全く衰えることがなく。熱い声援と、勝ちたい気持ちがコートに立つ選手と一体化した。ファンと共に戦う心強さをいつもに増して選手も感じたに違いない。

シーズン20節を終えて残り三分の一まで来た。ここからはプレーオフをかけてさらにタフな戦いが始まる。今日の価値ある一勝をB2優勝への新たな一歩とするためにも、残り2節となった交流戦を全勝で乗り切り、万全の状態で熊本戦に向かいたい。

いよいよシーズン終盤戦。交流戦での経験を糧にステップアップし、ファンの皆さまの熱い応援をパワーに変えて、取るぞチャンピオンシップ!!

熱く共に戦いましょう!! UNITED WE STAND!!

 

【主なスタッツ】

広島ドラゴンフライズ

◆得点

#18鵤誠司       16点

#21コナー・ラマート  13点

#2朝山正悟          10点 

#11北川弘       10点

#12ダニエル・ディロン 10点

◆リバウンド

#21コナー・ラマート   15リバウンド

#0アジーズ・エンダイ   7リバウンド

◆アシスト

#5山田大治   4アシスト

#11北川弘    4アシスト

#18鵤誠司    4アシスト

 

アースフレンズ東京Z

◆得点

#5ディオン・ジョーンズ  22点

◆リバウンド

#5ディオン・ジョーンズ  14リバウンド

#19中村友也                        5リバウンド

#20秋葉真司       5リバウンド

◆アシスト

#1増子 匠   5アシスト

 

<ヘッドコーチ・選手コメント>

【広島ドラゴンフライズ】

☆佐古賢一HC

「今日は出だしから選手の気持ちがコートの中でしっかりと表現できた。昨日の敗戦に選手個々で思った部分があったはずだが、切り替えて臨み、勝つことができてホッとしている。ディフェンスでは昨日のようなぽっかりと空くようなこともなく、良いシュートタッチを相手に与えることなくやれた。オフェンスでは鵤、北川を中心にボールをプッシュして圧力をかけていけた。ここからプレーオフに向けて一つずつ勝利を積み重ねていくことになるが、選手はしっかりと足元をみて、前に進んでコンディション、モチベーションをしっかりと持ち続けていかなければいけない。チームスタッフも昨日の負けを教訓にしてしっかりと戦っていきたい。」

☆#18鵤誠司

「気持ちの入ったプレーと、チームでやろうとしていることが一つになって戦うことができた。チームのスタイルを貫けた。今日は強い気持ちを持って、いけるところは全部いこうと思っていた。昨日みっともない負け方をして、足りなかった部分を考えた結果、メンタルの部分、気持ちで絶対に負けたくなかった。西地区は混戦になっているが、1番の相手は自分だと思うので、驕り、勘違い、マンネリをしない、しっかりとしたゲームをこれからやっていきたい。」

☆#2朝山正悟

「今日は気持ちがしっかり入った良いゲームだった。それだけに昨日このゲームが出来なかった自分達の弱さを痛感する。自分たちのバスケットを40分間できて今日はやれたのでよかった。負けられないというプレッシャーを背負って戦っていくので、残り三分の一のゲームを一戦一戦集中して、チームで戦っていきたい。」

 

【アースフレンズ東京Z】

☆小野秀二HC

「ゲームの入りで選手達に昨日以上のパフォーマンス、よりハードにということで挑んだが、それを上回る広島の気迫に圧されて1Qのスコアに表れてしまった。昨日との違いではペイントエリアで今日は逆に広島にやられた。ターンオーバーが11ということで多くはないが、スタッツに出ないミスが出てしまったのが残念だった。」